瞑想を日常に!

健全で安心な瞑想を日本に広げる

  
 日本では、瞑想というと何か怪しいというイメージがあったり、山の中で厳しい修行をするもので、時間的にも心理的にも負担が大きいと思っている方もまだ少なくありません。また「私の人生には関係のないもの」と考えている方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか?

 海外で瞑想を学んできた私にとって、自宅で瞑想をすることはもちろん、買い物や食事に行く前後に市中のスタジオで気軽に瞑想することや、沢山の人が集う瞑想イベントに参加することは日常の一コマでした。しかし、まだ日本では気軽に通える瞑想スクールやセンターは少なく、イベントなどもまだ限られています。まだまだ日本で瞑想を日常に取り入れるれることは「普通なこと」になっていません。20年以上にわたって海外と日本を行き来する生活を続けてきた私には、こうした日本と海外との瞑想へのイメージのギャップに違和感を感じ続けてきました。

 また、瞑想が怪しいというイメージがいまだに定着しているのは、国際的な水準にある瞑想のプログラム、書籍、そしてしっかりと学んだ健全な指導者に触れる機会が少ないことが大きな理由だと感じています。瞑想のスタンダードなイメージがない日本では、練習と学習といった瞑想実践者の基盤を持たない人が指導者を装って、自己流で勝手な解釈で瞑想まがいのものを流布しようする傾向がまだ少なくありません。本来健全である瞑想がある種のカルトや歪んだスピリチャリティの道具に使われてしまうのです。

 年齢を重ねるにつれて、そして私自身の瞑想のトレーニングが進むにつれて、私はこうした問題を解消し、瞑想が健全なものであることを知ってもらいたいという想いが次第に大きくなりました。私の瞑想の師であり人生の師であるDavid Nichernから長い間私が学んできたことは、「瞑想を学ぶことは、人生を学ぶこと」ということです。瞑想を日常にすることは、心を明晰にし洞察力を持って、仕事や家庭での出来ことに向き合い、余裕と思いやりを持って問題に対処することです。何処かおとぎの国に誘われたり、特別で素敵な夢の世界に入り込むのが瞑想ではありません。瞑想をするために特別な場所や機会を作るのではなく、生活の中に瞑想を取り入れることが瞑想実践のポイントなのです。

 こうした想いから、瞑想を気軽に学べる場所を作り、伝統的で正統な理論に基づく明確で健全な瞑想プログラムを紹介し、そしてそれを教える事ができる練習と学習に裏打ちされた責任ある指導者を育成する事が、まず必要だという結論に至り、Davidと共に国際的な瞑想のスタンダードを日本に広げること目的としてTrue Nature Meditationを設立した次第です。

 日常に瞑想があるライフスタイルが日本で定着することで、一人でも多くの方が、心が軽やかで豊かで、人生の新鮮さを感じられる生き方に触れられることを切に願っています。


河津祐貴

True Nature Meditation


河津祐貴がDavid Nichternと共に創設した瞑想スクール。安全安心な瞑想を日本に広げ、瞑想が日常にある社会の創出を目指してみます。